豊富な栄養を摂取出来る

女性

青汁の栄養成分

青汁に含まれる栄養成分は、食物繊維やビタミン・ミネラル・βカロテンなどです。
食物繊維は、野菜に含まれていることが多く、腸内環境を整えて、お通じ改善効果を発揮します。
そして、コレステロールの値を減少させたり、糖尿病や高血圧を防いだりする効果もあるため、生活習慣病の予防などに繋がりますよ。
ビタミンやミネラルは、体が健康でいるのに必要な成分であるナトリウムやカリウムが入っています。また、骨や歯の形成に役立つカルシウムやマグネシウムも含まれていて、老化を予防して、肌をキレイに保つと有名なビタミンCなども含まれているようです。
βカロテンは、緑黄色野菜に含まれている成分で、ケールや大麦若葉にも含まれています。主に視力が悪くなるのを抑えるとともに健康維持に効果があると言われています。
これらの他にも多くの栄養成分が含まれているので、青汁を飲むことで健康になれるのでしょうね。

栄養価の高いケール

青汁に含まれている大麦若葉やケールを比べてみたところ、ビックリすることが分かりました。それは、ケールが大麦若葉よりも何倍も栄養価が高いことです。例えば、ケール(100g)に含まれているビタミンCは、大麦若葉(100g)に含まれている量より、およそ12倍も多いようです。その他にもカルシウムやビタミンE・マグネシウムなど体の健康維持に必要不可欠な成分が、大麦若葉の倍以上にケールには含まれていましたよ。
また、野菜に含まれている食物繊維もバランス良く補給が出来るなど、栄養補給がしやすいでしょう。そのケールは、野菜の王様と言われるほど高い栄養価があります。そのため、ケールが含まれる青汁を購入して、バランスの良く栄養を補うようにしてくださいね。